うわぁ…この人この人コーヒー臭い…私コーヒー臭いかも…などなどコーヒーで口臭を感じたことはありませんか?コーヒーって実は口臭の原因の一つなんです。特にコーヒー+タバコは最強に臭くなる一つの要因ですので、喫煙習慣がある方は要チェックしてくださいね。

コーヒーはいったいなぜ口臭の原因になるの?

コーヒーがいったいなぜ口臭の原因になるのでしょうか?コーヒーにはみなさんご存知のカフェインが含まれています。カフェインを摂ると自律神経の交感神経を優位にします。交感神経が優位になることによって、唾液の量が減ります。

唾液の量が減るだけではなく、カフェインには利尿作用がありますので、口の中の乾燥を引き起こしてしまいます。唾液の量が減る、口が乾燥することによって、口臭がひどくなってしまいます。

特に缶コーヒーが口が臭くなってしまう!?

コーヒーにも様々な種類があります。インスタントコーヒー、コンビニのコーヒー、スターバックスのコーヒー、缶コーヒー などなどあります。その中でも缶コーヒーが一番口臭が強くなるみたいなんです!

なぜかというと、缶コーヒーには糖分が多く含まれています。この糖分が原因みたいで、糖分が口の中の菌を繁殖させてしまうみたいなんです!

缶コーヒーを飲んだ後舌の上の汚れをチェックしてみてください。舌にコーヒーの色が付着していると思います。舌苔は口臭の原因の一つなので舌にコーヒーが付着するのも口臭の原因の一つなんです。

コーヒーを飲んだ後は舌磨き!
コーヒーが舌に付着してしまうことで、口臭は悪化してしまうので、コーヒーを飲んだ後口臭が気になる場合は舌磨きをするようにしてみてください。コーヒーを飲んだ後接客する時は特に舌磨きを!

コーヒー以外にも口臭の原因となる食べ物はたくさんある

コーヒー以外にも口臭の原因になる食べ物は意外と調べるとたくさん出てきます。辛い食べ物(キムチなど)、酸っぱい食べ物、にんにくなどの香辛料がたくさん入った食べ物、ネギやニラなどもそうですね。

このような食べ物は胃と腸に負荷がかかってしまうので、腸内の悪玉菌が増えてしまいますので口臭を悪化する原因になってしまいます。

「口臭を気にしすぎていたら何も食べられなくなっちゃうよ!」などなってしまう場合がありますので、口臭を気にしないといけない場面の時だけ控えるなどしてみてはいかがでしょうか?

例えば、気になる人とデート、合コン、仕事で大事な接客、友達と遊ぶ時などなど、口臭が気になる時があるときはコーヒーなどの口臭の元になる食べ物、飲み物は避けるようにしてくださいね。