油汚れなどのキッチン用品、Tシャツなどの黄ばみなどを白くする効果のある重曹。重曹を使った歯を白くする方法も有名ですよね?重曹を使った歯を白くする方法のまとめや重曹を使ったホワイトニング効果や危険性についてまとめました。

重曹を使った歯を白くする方法まとめ

hamigaki

重曹歯磨き粉を作って歯磨きをする

重曹をそのまま歯ブラシに直接つけて歯を磨く方法もありますが、重曹歯磨き粉を作ってから歯磨きする方がいいでしょう。重曹歯磨き粉の作り方ですが、意外と簡単です。

orenzitye ステップ1 重曹をコップなどの容器に入れる
orenzitye ステップ2 コップや容器の中にお水を数滴垂らす
orenzitye ステップ3 歯磨き粉状になるまでかき混ぜて完成

作った重曹歯磨き粉を指に取り、気になる汚れた歯になじませましょう。にポイントがいくつかあります。まず、強く磨き過ぎないこと。

もし、強く磨いてしまうと、エナメル質を傷つけてしまう可能性がありますので、重曹を使って歯を白くする際には、軽く磨くようにしましょう。

気になる黄ばみなどの汚た歯に、重曹歯磨きを指でつけた後、5分~10分程度時間をおきます。5分~10分程度時間をおいた後、歯ブラシを使った歯磨きをして口をゆすぎましょう。

重曹が口の中に残ってしまうと、気持ちもよくありませんので、よくぐちゅぐちゅぺッをしてゆすぐようにしてください。

歯ブラシも柔らかめの歯ブラシを使おう!
重曹を使った歯を白くする(汚れを落とす)方法ですが、優しく行うことが一番のポイント。強くやってしまい、歯の表面であるエナメル質に傷がついてしまうとエナメル質が見えて余計に黄色く見えてしまうかもしれません。優しく行うことが最も重要ですので、歯ブラシも柔らかめ歯ブラシを使うようにしましょう。

重曹水でうがいをする

kop

重曹歯磨き粉を作って、歯を白くする方法以外にも重曹うがいをして歯を白くする方法もあります。重曹うがいのやり方ですが、重曹約2g~3g程度をお水に入れてよくかき混ぜて歯磨きをした後、食事をした後にうがいをします。

ペットボトルで重曹水を作ると保存も可
重曹水をペットボトルで作るのもおすすめです。ペットボトルに500ml水を入れて、重曹を2g~3g入れてペットボトルをよく振ります。食事をした後、歯磨き粉をした後にうがいをする。保存期間ですが、1週間程度いけるみたいです。歯の汚れ以外に、虫歯予防や口臭対策もできます。

重曹を使った歯を白くする方法でのホワイトニング効果について

hamigakiko

重曹でのホワイトニング効果は期待できない…

重曹を使った歯を白くする方法ですが、ホワイトニングとは言えないみたいです。通常の歯医者、クリニックで行われれるホワイトニングは、過酸化水素と呼ばれる薬剤を使って歯に付着した汚れを落としますが、重曹にはこういった効果がありません。

重曹を使った歯を白くする方法は有名で、簡単ですぐにできる方法ですが、やり方を間違ったり、やりすぎたりすると歯の表面であるエナメル質を傷つけてしまう可能性がありますので、やる際には十分に気を付けて行うようにしましょう。

重曹で歯が白くなったらいいな💛感覚程度でするのが無難だと思います。本格的なホワイトニングをするなら、歯医者、クリニックでホワイトニングをするか、歯を白くする効果のある歯磨き粉やホワイトニングジェルを使うようにしましょう。

minikuri 自宅でできる歯を白くする歯磨き粉人気ランキングを見る

重曹で歯を白くする危険性について

重曹で歯を白くすると危険だ!って声もありますよね?重曹は害がないといっても、ちょっと怖いイメージってありますよね?重曹を使ったお口のケアの危険性はそこまでありませんが、危険性があるとすれば、剣魔力が重曹にはあるので、エナメル質を傷つけてしまう可能性があるということです。

重曹でお口のケアをやりすぎてしまい、エナメル質に傷がついてしまうと、エナメル質が透けて見えてしまう歯が黄色く見えてしまうことや知覚過敏になってしまうこともありますので、やりすぎなほどほどにするようにしましょう。

エナメル質が減る以外にも重曹を使った歯を白くする方法には、塩分の摂りすぎに注意しないといけない危険性があります。

なぜ、塩分の摂りすぎに注意しないといけないかというと、重曹はナトリウム=塩なので、重曹で歯を白くする、うがいをすると塩分を摂取してしまうことになります。重曹水を作って、うがいをしてみると分かると思いますが、すごいしょっぱくて、海水を飲んでいる感じです。

歯を白くするために、重曹歯磨き粉で歯のケアをする時、重曹水でうがいをする時は、飲まないように気を付けるようにしてください。

毎日やらない!週1回ぐらいを目安にすると良い

重曹で歯を白くしたり、口臭対策、歯周病対策はできますが、やりすぎは危険ということです。目安ですが、週1回程度するのが、無難です。毎日するのは控えるようにしましょう。